肌ケアが簡単なオールインワンゲル

オールインワンゲルとは、すべての必要なものを1つにしたもので化粧水や美容液、乳液、クリーム、化粧下地などの肌に必要な機能が詰め込まれている多機能性のスキンケアゲルです。

通常のスキンケアであれば、洗顔後は保湿、栄養、保護という3ステップが必要になるため、それぞれに合わせた化粧品を使うことになります。その点、オールインワンゲルであれば、それらのステップを3回にわけずに1回にまとめて簡単に完了させることが可能になります。そのため、家事や育児、仕事で忙しい女性でも肌ケアが簡単で楽になります。

オールインワンゲルは、簡単に肌ケアができるため、スキンケアの時間短縮やスキンケア代の節約になります。通常のスキンケアであれば、化粧水、美容液、乳液、クリームと順番に肌に塗りこむことになるため、手間と時間が必要になります。また、それぞれ購入するとすぐに1万円を超えてしまうことがあります。オールインワンゲルの価格は、化粧水や乳液に比べると若干価格が高めですが、他のスキンケア用品をそろえる必要がないため、トータルでみるとお得になります。オールインワンゲルは、肌ケアに必要なステップが少ないため、塗る時の摩擦が少なくなるため肌に優しいです。スキンケア中のマッサージのしすぎや力の強すぎるマッサージは肌に大きな負担をかけてしまい、摩擦で炎症が起きるとシミの原因になることがあります。

オールインワンゲルにもデメリットはあります。複数の機能を持っているため、効果ごとに比較した場合には単体の化粧品にはかないません。また、敏感肌や肌の弱い人は、複数の成分が配合されていることから肌トラブルが起こりやすくなっています。しかし、オールインワンゲルは、最小限の効果にとどめてあるため、肌本来が持つ保湿機能や自己再生力を上げることが可能になるため、自立した肌が強くなることがあります。

オールインワンゲルを使う際には使用量に注意が必要です。一般的に伸びが良いタイプが多いため、初めて使う場合には、どのくらい伸びるかをチェックすることです。適量を知らないまま使用すると必要以上に塗りすぎてしまい、べたべた感が残ることがあります。また、肌の状態に合わせて重ね塗りをすることでより効果が得られます。乾燥が気になる部分に重ね塗りをしたり、肌の状態に合わせて高保湿タイプに切り替えるなども有効です。オールインワンゲルを基本にして他のスキンケア用品を併用する場合には、サラッとしている水性タイプから使用していきま