飲みやすい 青汁

飲みやすさの秘密って?2つの点に注目

@味
青汁って、どうしても「不味い!」「苦い!」と言うイメージが付いてしまってますよね。。
甘い野菜ジュースとは違い、飲みにくいと感じる方はたくさんいらっしゃると思います

 

「野菜不足が気になるから飲んでみようかな。でも、飲みにくそうだし…」
始めてみたいけど踏み出せない方も多いでしょう。
味って重要ですもんね。

 

最近はフルーツをブレンドしたものなど、以前のイメージからガラッと変わってきています。
メーカーによってさまざまな工夫をして飲みにくさを改良していますよ。

 

A手軽さ
よく見る青汁って、粉末のものを水などで溶かして飲みますよね。
忙しい朝や持ち歩く時など、「コップを用意して…、溶かすものを用意して…」など面倒と感じてしまうこともしばしばあるかと思います。

 

 

この2つの点から、飲みやすさが始めるきっかけとも言える気がします。

 

 

そこで!!飲みやすい青汁ってどんなものなのかを紹介しましょう。

 

飲みやすい青汁って?

健康のためにと思っても、飲みにくさが難点ですよね。

 

 

飲みやすい青汁とは、まず製法にあるようです。

 

加熱を抑えて加工すると、新鮮な野菜の味わいをそのまま活かせます!!

 

それに対して製造過程で加熱をしてしまうと野菜本来の味わいを損ねてしまうだけでなく、加熱することで下がってしまう栄養もありますから、飲みにくさと同時に栄養価にも影響してきますね。

 

 

もう一つは、フルーツや蜂蜜などが加わっていることです。
基本的に青汁は無添加なので、砂糖や人口甘味料ではなく自然のもので甘みを出しています。
そうすることによって、ほど良い甘さで更に飲みやすく、美味しくなっています。

 

 

 

飲みやすいオススメの青汁は?⇒おいしい青汁

おいしい青汁って?

気になるのは飲みやすさ。
おいしい青汁は、野菜の味わいをそのまま活かして、加熱を抑えて加工したフレッシュピューレ製法を原材料の一部に使っているので飲みやすい!!
りんごとレモンで甘みが魅力の、フルーティな青汁を実現してます。

 

 

栄養面にも注目!
不足しがちな野菜がたくさん入っていて、多くの栄養素をバランスよく含んでいます。
9種類の青野菜(ブロッコリー・セロリ・キャベツ・ケール・ほうれん草・キャベツ・パセリ・大根葉・小松菜)と2種類の果物(りんご・レモン)で不足しがちな繊維質、ビタミンなどをたっぷり補給!!
1日に必要な野菜量を1本で補えます。

 

 

手軽さも!?
缶のドリンクタイプなので、面倒な作業もなく、これ1本でok!!

 

 

飲みやすさが魅力のおいしい青汁で、美味しく健康習慣始めませんか?

 

 

 

美味しく健康習慣を始めるなら⇒おいしい青汁